学生の頃はサラッとしていたのに近頃出る汗は粘度がある

学生時代にはスポーツをすれば女の子から人気があったのですが、髪が薄くなった現在はスポーツしているだけなのに、どういう訳か笑い者です。

学生の頃は頭もフサフサしており、汗をかいていると女の子が「これ、どうぞ」なんてタオルを渡してくれて、それで拭くと嬉しそうにしてくれました。

禿頭になってきた今現在でも汗はかくのですが、学生の頃はサラッとしていたのに近頃出る汗は粘度がある。

髪が減ると直に日差しがあたってしまうので、かく汗の量が多くなります。

学生時代に比べて見た目は変わりましたが、中身は同じなんです。

でも、私がタオルで顔を拭こうとすると娘は「私のタオルは使わないで!」なんていうのです。

娘はそんな年頃ですからしょうがないと思いますが、代わりに手渡されたタオルは掃除用の物、世間的にはそれを雑巾と言います。

車を運転していると窓を開けて走りたいんですけどむすめに嫌がられます。

なぜなら、髪に付着していた汗が飛散するから。

私が娘にからかわれているのを見て家内が気のどくに思ったのか、運転中で手を離すことが出来ない自分の額の汗を拭いてくれたのですが、嫁さんが拭いてくれたところは頭部でした。

むすめはそれを見ていて大爆笑、どうやら奥さんも私のことをからかっているようです。

汗というものは夏が近づくと殆どの人が気にすると思います。

ひょっとすると、汗のせいで憂鬱な気分で毎日を過ごしているなんて場合もあるかもしれません。

たとえばYシャツに汗染みができてしまうと、すごく面倒です。

シャツを着ていた場合、ワキに汗染みができて恥ずかしかったというようなことがあった人も多いのではないでしょうか。

そのような汗ジミを防ぐのに、効果的なのが汗をとってくれる下着の着用です。

シャツの下に一枚着る事で汗染みは大幅に軽減できるのです。

でも暑い季節にもう一枚着るなんて、もっと暑くなってしまいきついですよね。

汗染み対策は出来ても、汗の量は増えそうですよね。

しかし近頃では接触冷感機能付きの下着も売られている為、そのようなタイプの物にするのも良い方法だと思います。

たくさんの人がいるところに行くと視線が集まり恥ずかしい思いをする汗染み。

早い所そのような悩み事から開放してくれるような商品ができないかと望んでいます。

派遣先の仕事場に、イヤな臭いのする男性社員がいます。

汗のニオイなのか、脇が臭うのか、病気なのか全然判りませんが、とにかくクサいんです。

その人とは課が違うので、まだ我慢出来ますが、あたしがその人のいる部屋にいった時、あるいは、その男性社員があたしの部署に入った時、途端に、彼に気付いてしまうくらい、ニオイがします。

その匂いが石鹸の香りのような快適なニオイであれば、私だって悩みませんが、その人の場合は、死ぬほどクサいにおいなのです。

「におい」というのはノイズなどと同様で、不快な刺激を受けても、逃れることが出来ないので参ります。

特に気温の高い時期はよりすごいニオイになっているように感じます。

その男の人は、性格的にも問題はなく、仕事も真面目でよくできる良い人なので、皆から好かれやすいタイプです。

顔などもカッコイイのですが、やっぱり匂いには耐える事が出来ず、いっしょに仕事の話をするときでも、何食わぬ顔をしていますが、その場から逃げたいと思うほどです。

ほかの人たちも同じかと思ったら、彼の体臭に対していまいち反応が薄い。

他の人達も傷付けないように普通に接しているのか、でなければ、現実にはニオイなんかなくて、ワタシが匂いに敏感すぎるだけなのか、正直、謎です。

確認したい気持ちはありますが、まるで捜査するように、彼のニオイについて皆と話すのはモラルがないように思えますし、その人を中傷しているみたいで、やっぱり聞きづらいです。

そもそも、ずっと同じ部署にいるわけでもありません。

あー、ストレス!とにかく、そのニオイのせいで他の同僚にも迷惑を掛けているなら、良い人なのにこのマイナスは大きいよなと思っているわけです。