年を取った事で気をつけたいのはデリケートゾーンのニオイ

イヤな体臭で代表的なのはワキガ臭ではないでしょうか。

あのスッパイ臭いは嫌なものです。

だけど、脇だったら汗が出にくくなるスプレーが販売されています。

という訳でそれを使えばニオイはそこそこ抑えることが出来ます。

年を取った事で気をつけたいのは、デリケートゾーンのニオイになります。

夏の季節は湿気が籠ってしまうので臭いが出てきてしまうことがある為です。

さらに尿が多少残っている事が臭う原因となるのです。

月経中のニオイと蒸れも気になるところです。

VIOゾーンのデオドラントなどはそれほど流通していない為、容易く入手できないのが実際のところです。

最近はエステサロンでもVゾーンの脱毛を受ける人が急激に増えてきているようです。

Vゾーンのムダ毛を処理することで蒸れや臭いの防止になるからです。

なにより見た目がサッパリするのです。

月経期間中もむだ毛が減少する事で、ケアもラクになるのです。

「いづれ介護される立場になった時の為に」と脱毛に行くオバサンが多くなっていると聞いたのです。

ビキニラインを脱毛するのは、ニオイの対策としても有効だと思います。

糖質制限をするようになってからきつい運動をしたあとだけ、イヤなにおいがするようになりました。

何の臭いと言ったらいいのかわからない嗅いだことがないニオイなのです。

普段はわからないし、よく汗もかいている方だとは思いますが、ちょっと体を動かして汗をかいた程度ではにおいません。

「自分の臭いは自分ではわからない」とも聞かれるので、ふだんからどんなこともハッキリ言ってくれる妹に嗅いでもらうことにしました。

日ごろは香水とかついてない状態でも自分からニオイがすることはないのですが、思った通り激しい運動をした時にだけ、私が感じたにおいがするということでした。

いつもカラダも服も綺麗にしていますし、体臭なんて気にしたこともなかったのに、いつも決まった時に感じるニオイの原因がわからないのは気になって仕方がないのです。

スポーツジムとか他人と接触があるような場所で体を動かしているわけではないけれど、「カラダの不調により体臭が変わる」とも言われるので病気の前触れかとも思い、心配になっています。

梅雨が明ければ晴れた日が続き、気温の高い日が続きます。

当たり前ですが、汗をかくのも増え、それが匂いになる機会も増えます。

スーツで仕事に行くので、いつのまにか汗が染みになってしまっています。

自分自身の汗でもあるし、知らない人の汗でもあります。

この為、家で着替えたら布用の消臭剤をスプレーしています。

洗おうと思えばスーツも洗えるのですが、洋服のように頻繁にするのは厳しいです。

日頃は消臭剤をかけて、衣替えとともにクリーニング店に持って行っています。

反対に人の汗のにおいも気になる時期とも言えます。

女性に関しては、汗の匂いを抑えるためにコロンなど香りが強いです。

匂いに敏感な人はすぐに気づくはずです。

どう見ても、都市部においては電車やバス、エレベーターなどの密室が多いため、においに配慮する習わしが自然にできてきたのでしょう。

それと、外国の方のニオイも気になってくるのが夏場です。

癖のあるニオイのため、動転することもあります。

けれども、逆にじぶんも相手から汗や体臭など臭いに関して、色々と思われているんだろうなと思う機会になります。

関連記事:ワキガ ビューホット 後悔